ワキの無駄毛を脱毛する際の悩みについて

女性で無駄毛の悩みで一番多いものと言ったら「ワキ」の処理に関する悩みだと思います。

 

例えばですが、比較的周期が短くて剃刀で剃ったり、毛抜きで抜いたりしているとその部分の肌が鶏の皮の様にポツポツとなったり、色素が沈着してしまい肌が黒ずんでしまったり、新たに生えてきた毛が皮膚から出てこなくて埋没してしまったりして悩んでいる方が多いと思います。

 

女性がワキの処理を行うのは本当に大変だと思いますので出来れば肌の露出をまだしないうちにやっておけば良いと思います。

 

ここではそんな悩みを少しでも解決する為に対策法をご紹介してみたいと思います。

 

先ず、ワキ毛を剃刀で剃ったり、毛抜きで抜いたりする方法に関してですが、何もしないで直接剃ったり抜いたりするのは肌や毛根を傷めてしまう原因になります。それを回避させる方法としては蒸しタオルやお湯を使ってワキを温め、皮膚や毛を軟らかくする事が必要です。その後で抜いたり剃ったりすると良いと思うのですが、剃る場合には出来れば石鹸ではなくシェービングフォームを利用して処理するのが良いと思います、また抜く場合には毛抜きではなく脱毛器を使用するのが良いと思います。

 

後は処理をした後の話ですが、クールダウンさせるローションを使用したり抑毛ローションを使用したりして皮膚と毛穴を労ってあげる様にしましょう。また処理をした後は肌も敏感になっている為にバイ菌も入りやすいと思いますので、出来ればきちんと洗浄をする事をお勧めします。