無駄毛を自己処理しよう

無駄毛を自己処理するとは自分自身で処理をすると言う方法になります。

 

エステやクリニックで行われる脱毛とは違い、基本的には「抜く」「剃る」と言う方法が取られます。自分で処理するので手軽に安く処理する事が出来る反面、次に出てくる毛が濃く見えてしまったり、皮膚の中に埋没してしまったり、肌を痛めてしまったりと言うトラブル等が多々ある様です。

 

【剃刀で自己処理】
無駄毛を自己処理するのに最も手軽に出来る方法がこの方法だと思います。お風呂場で体を洗うのと一緒に出来たり、一度に広い範囲を処理したりする事が出来る為とても手軽に処理する事が出来ます。
但し何回も繰り返していると知らない間に肌を傷付けてしまったり、炎症を起こしてしまったりする可能性が高いですので終わったらローションを塗るなどしてアフターケアをしっかりする様にする事が大切です。但し皮膚から出ている毛しか処理出来ないので短期間しか脱毛効果を感じる事は出来ません。

 

【毛抜きで自己処理】
毛を毛根の辺りから抜くので剃刀で処理するよりは長期間効果を感じる事が出来ます。
足や腕みたいな広範囲よりはワキやVラインの様な狭い範囲で使われる事が多い様です。
長期間効果を持続出来ると言うメリットの反面、1本ずつ抜いていかないといけないので面倒と言うデメリットがあります。また抜いてしまうと次に出てきた毛が皮膚の下に埋没してしまうと言うトラブルが発生したり、抜いた後の皮膚が鳥肌みたいになったりすると言うトラブルが発生する可能性があります。